2017年5月31日水曜日

第20回全国中学高校Webコンテストの参加チーム募集を開始しました!

■ICTを活用したアクティブラーニングの決定版!~全国中学高校Webコンテストとは

全国中学高校Webコンテストは、中高生が3~5人でチームを組んでWeb作品を作り、その制作過程と成果を競うコンテストです。テーマは自ら設定できますが、その内容は誰かの役に立つ「教材」として構成・表現されたコンテンツでなければなりません。伝える立場に立ち、何をどう表現するか、仲間とともに徹底的に考えることが、深い学びをもたらします。

■「Web教材」または「問題解決」の2部門にチームで応募!

作品は、「Web教材」または「問題解決」のいずれかの区分を選択して応募していただきます。「Web教材」は、他の生徒達がそのテーマについて学習できるようになっているもの。「問題解決」は、実際に存在する解決すべき問題を取り上げ、問題点とその解決策、解決に至るまでのプロセス等を資料やデータなどに基づき論理的に提示するもの、となります。

■ファイナリストチームは、来年2月、東京にて決勝プレゼンに参加!

中学生の部・高校生の部それぞれにおいて上位10チームがファイナリストに選ばれ、東京で開催される「ファイナリストプレゼンテーション」に参加します。これを受けて最終審査が行われ、授賞式にて結果が発表されます。

今年も、全国各地からのたくさんのご応募をお待ちしております!

▼募集要項&チラシダウンロード
http://webcon.japias.jp/page-apply.html



Webサイトをリニューアルしました。

Webサイトをリニューアルしました!

http://webcon.japias.jp/

2017年2月19日日曜日

第19回全国中学高校Webコンテスト受賞結果発表!

第19回全国中学高校Webコンテスト(主催:特定非営利活動法人学校インターネット教育推進協会、理事長:永野和男 聖心女子大学 教授)の受賞作品が決定し、2月18日に開催した授賞式においてその発表が行われました。

昨年5月より募集を開始した当コンテストには、 全国から318チーム(1,283人)が応募し、3段階による審査の結果、18チームがファイナリストとして選ばれました。

最終的な順位は、ファイナリスト各チームによるプレゼンテーションの後、最終選考会にて決定し、続いて行われた授賞式にて発表されました。

プレゼンテーションを含む総合的な審査の結果、神奈川大学附属高等学校の川上寛樹くん、濱田芙実さん、遠藤誠くん、陳宇熙くんの4名が制作した作品「自動運転車が拓く未来」が最優秀賞/文部科学大臣賞に輝きました。

この作品は、今話題となっている「自動運転車」とその利点として期待される「渋滞の解消」に着目し、自律走行ロボットを活用した実験を行いながら、その課題や可能性について詳細に調べ、学習者にわかりやすく説明している作品です。

最終審査員からは「写真・イラストの配置、配色、フォントの選び方・強調方法など、細かい工夫が効果的に施されている。また、渋滞の原因やその解決方法について、理論的考察に甘さはあるものの、仮説を立て自ら実験し解決方法を考察している点は高く評価したい。自動運転車の拓く未来について提言する力作である。」と高い評価を受けました。

総務大臣賞には、「音」に注目し、「声」という最も身近な素材を使って、その仕組みや実験の方法を解説した中学生の作品「音の世界」が、経済産業大臣賞には、「ユニバーサルデザイン」について、自分たちの生活に身近なものを取り上げながら解説した作品「Design for All」が、選ばれました。

また、ベストドメインネーミング賞(JPRS特別賞)には「EARTHQUAKE-WEB.jp」「地震.jp」をつけた作品「大地震に備えよう~わたしたちにできること」が選ばれました。

さらに、大臣賞、特別賞授賞チームには、将来、彼らが、自分たちのプロジェクトやイノベーションを起こし、Webサイトを立ち上げる際に利用できるよう、生徒全員に一つずつ「JPドメイン名の無料登録権利」が贈られました。

受賞結果一覧は以下の通りです。

<大臣賞・特別賞>

■最優秀賞/文部科学大臣賞/日本オラクル特別賞
「自動運転車が拓く未来」(神奈川大学附属高等学校)
http://jam-busters.jp/

■総務大臣賞
「音の世界」(芝浦工業大学柏中学校)
http://universe-of-sound.jp/

■経済産業大臣賞
「Design for All」(慶應義塾湘南藤沢高等部)
http://design-for-all.jp/

■ベストドメインネーミング賞(JPRS特別賞)
「大地震に備えよう」(市川市立第四中学校)
http://earthquake-web.jp/

<全国中学高校Webコンテスト 各賞>

【中学生の部】
■プラチナ賞
「色彩の心理学」(芝浦工業大学柏中学校)
http://color-psychology.jp/

「音の世界」(芝浦工業大学柏中学校)
http://universe-of-sound.jp/

「カモメと学ぶ伝統芸能」(東京都立白鴎高等学校・附属中学校)
http://geino-go.jp/

■金賞
「大地震に備えよう」(市川市立第四中学校)
http://earthquake-web.jp/

「これからの日本を考えてみた」(芝浦工業大学柏中学校)
http://dounaru-nippon.jp/

「人工自然ビオトープ」(東かがわ市立白鳥中学校)
http://artnaturebiotope.jp/

■銀賞
「地球の抱える環境問題」(芝浦工業大学柏中学校)
http://protect-earth.jp/

「ガラスの博物館」(さぬき市立志度中学校)
http://unknown-glass.jp/

「古高松の歴史」(高松市立古高松中学校)
http://furureki.jp/

【高校生の部】
■プラチナ賞
「自動運転車が拓く未来」(神奈川大学附属高等学校)
http://jam-busters.jp/

「Design for All」(慶應義塾湘南藤沢高等部)
http://design-for-all.jp/

■金賞
「高校生が教えるカビ講座」(岩田高校)
http://sekainokabi.jp/

「What Makes You Happy?」(お茶の水女子大学附属高等学校)
http://what-makes-you-happy.jp/

「未来改造計画!!」(お茶の水女子大学附属高等学校)
http://mirai-kaizou.jp/

「学ぼう!減らそう!食品ロス」(お茶の水女子大学附属高等学校)
http://mottainai-foodloss.jp/

■銀賞
「新選組~歴史の狭間で生きた侍たち~」(兵庫県立須磨友が丘高等学校)
http://miburo-makoto.jp/

「暮らしの中のプラスチック」(函館工業高等専門学校)
http://nifa-plastic.jp/

「地球からのSOS」(埼玉県立浦和第一女子高等学校)
http://help-the-earth.jp/

※なお、本コンテストのOBOG企画による、ファイナリストたち自身がよかったプレゼンに投票する「オーディエンス賞」が行われ、中学生の部では「カモメと学ぶ伝統芸能」が、高校生の部では「What Makes You Happy?」が選ばれました。

http://jam-busters.jp/

2017年1月31日火曜日

ファイナリストチームの発表

第19回全国中学高校Webコンテストは、最終審査員によるファイナリスト選考会
を行い、下記のURLにある通りファイナリストチームを決定いたしました。

http://webcon.japias.jp/judgeresult/19tqj-judgeresult2.html

ファイナリストチームは、2月18日に東京で開催される「ファイナリストプレゼンテーションおよび授賞式」に参加していただくことになります。

当日は、各チームがプレゼンテーションを行い、それを受けて、最終審査員による最終選考会が行われます。審査結果はその後に開催される授賞式で発表されます。

ファイナリストの各チームには、個別に「ファイナリストプレゼンテーションおよび授賞式」の案内をお送りします。

以上

2017年1月12日木曜日

ファイナリストの発表と ファイナリストプレゼンテーションおよび授賞式について

今後の予定について、以下の通りお知らせします。

■ファイナリストの発表(1月31日予定)

本コンテストのWebサイトで発表するとともに、ファイナリストチームには、「ファイナリストプレゼンテーションおよび授賞式」の案内および出欠票をメールにて送ります。

■ファイナリストプレゼンテーションおよび授賞式(2月18日)

当日は、初めにファイナリスト各チームによる作品のプレゼンテーションおよび最終審査員との質疑応答を行い、最終選考会での審議を経て、最終結果を授賞式にて発表致します。

ファイナリストチームは、ファイナリストプレゼンテーションにて使用するプレゼン資料を作成し、事前に事務局に提出します。下記のガイドラインを読むようにして下さい。

▼ファイナリストプレゼンテーションガイドライン
http://webcon.japias.jp/19tqj/Presen_guide.html

▼ファイナリストプレゼンテーションおよび授賞式
http://webcon.japias.jp/19tqj/Presen.html

▼昨年のプレゼンテーションの様子
※各チームのプレゼンテーション(ビデオとパワーポイント)を閲覧できます。
http://webcon.japias.jp/presen/2016/index.html

なお、参加するファイナリストチームメンバーの旅費、宿泊費につきましては、ルールにも記載してあります通り、参加者側にてご負担いただく形となっております。何卒ご理解、ご協力いただきますようお願い申し上げます。

不明な点、質問などありましたら、事務局までお問い合わせ下さい。

2017年1月6日金曜日

課題およびベストドメインネーミング賞レポートの提出受付終了

第19回全国中学高校Webコンテストは、以下の課題の提出受付を、本日17時をもって締め切りましたのでお知らせします。

・セミファイナリストの課題
    - 作品の改良
    - サイトプロフィールの再提出
・ベストドメインネーミング賞の課題(応募する場合のみ)
    - レポートの提出

コンテストサーバーでの作品の更新作業につきましては、最終審査結果発表後、再開できるようにします。

なお、ファイナリストの発表は、1月31日を予定しております。
その後のスケジュールについては来週目途にて改めてご連絡します。

2016年12月27日火曜日

提出についての注意事項および課題締切

セミファイナリストチームの皆さんにおかれましては、課題の締切に向けて作品の改良に取り組んでいることと思います。

下記に、提出にあたっての注意事項と課題締切を再掲しますので、ご確認下さい。

--------------------------
1. 提出についての注意事項
--------------------------

(1)外部のWebサービス利用について

作品制作にあたり、外部のWebサービスを利用している場合は、サイトプロフィールの「6. 外部のWebサービス」に記載するようにして下さい。また作品内やサイトマップからリンクを貼る際に「(外部のページへ)」などの注記を記載するようにして下さい。

外部のWebサービスの利用例:
アンケートフォーム、お問い合わせフォーム、その他リンク先のページもわかりづらいものについては、(外部のページへ)とすると誤解がありません。

(2)著作権表示について

他人の著作物を利用引用をした場合は、「リンク集」といった形ではなく、「どの著作物を」「いつ」「どのような手段で許諾を得て」「自分たちのどのページに利用しているのか」がわかるように掲載して下さい。フリー素材であっても、フリーの素材であることがわかるよう記載すると誤解がありません。

また、イラストや写真や動画など、自分たちで描画/撮影したものについては、オリジナルであることを明記するようにして下さい。明記されていない場合、それが他人の素材で許諾を得ていないのか、オリジナルなのかの見分けがつかず誤解を招きます。

参考文献は、作品を制作する上で既に他人が公開している資料、情報やそれに関係が深い事柄を見、聞き、読むことを通して、自分の創意や考えの手がかりにすることを指しており、資料・情報の複製、転載は、該当しません。

例えば、情報や資料の一部を「参考」という理解で無断で転載し、文言の一部を変更する、「ですます調」を「である調」に変更する、などの行為は「参考」にはあたりませんので、十分注意するようにして下さい。

-----------
2. 課題締切
-----------

締切りは下記の通りです。締切日時をもってコンテストサーバーにはアクセスできなくなりますので、早めにアップロードを完了するようにして下さい。

===========================================
課題締切:2017年1月6日(金)17時(締切厳守)
===========================================

サイトプロフィール、ベストドメインネーミング賞のレポートにつきましても、締切日時は上記になります。

なお、サイトプロフィールはWord、PDFの両方を提出するようお願い致します。

以上